2020年07月09日

KAKUMEI Burger&Café(蒲田)…独創的グルメバーガー、革命に至るか

IMG_2388.JPG
小雨降る平日午前11時過ぎ、JR蒲田駅西口から西方向に歩く。
雑誌で見て気になっていた「KAKUMEI Burger&Café」に行くためだ。
店の雰囲気やメニューなどが独創的だとの記事に惹かれたのだ。

IMG_2361.JPG
店に着き、開店作業している若い男性店員に声をかけると、
「二階フロアにソファ席があるので、そちらにどうぞ」と言われる。
二階フロアはまさに古民家風で、板の間に2人用ソファ席があり、
小上がりの畳の間に2人用席が二卓設けられている。
巷間のグルメバーガー店はアメリカンかハワイアンな内観が多いので、
この雰囲気は異質と言える。

IMG_2369-2.JPG

IMG_2369.JPG
メニューを見る。
ハンバーガーはステーキ肉100%のKAKUMEI PATTYが入るものと、
ステーキ肉30%+超粗引き牛肉70%のNORMAL PATTYのものがあり、
更に他にフィッシュ、とんかつ、チキン、大豆パティのバーガーもある。
NORMAL PATTYのとにかく山盛りバーガー2,000円を注文する。
付け合わせがフレンチフライと日替わり和前菜から選べると言われ、
もちろん、珍しいので日替わり和前菜を指定する。

IMG_2374.JPG
すぐにランチサービスのドリンク(ジャスミンティ)が出てくる。
後客はなく、店備え付けの「蒲田・大森本」を読みながらのんびり待つ。

IMG_2377.JPG
注文から15分ほどで出来上がってくる。
クラウンのバンズが小さいせいか、全体にこじんまりして見える。

IMG_2397.JPG
ハンバーガーは上からミニトマト、アボカド、目玉焼き、厚切りベーコン、
モッツァレッラチーズ、パティ2枚、レタス、という構成で、
上から竹串が刺さって屹立を保っている。

IMG_2410.JPG
クラウンの裏にはクリームチーズベースのソースが塗られている。

IMG_2396.JPG
注目の和前菜はきんぴら、ポテトサラダ、オクラとめかぶの和え物。
まず、この和前菜を食べる。
新しい感覚だが、ハンバーガーの付け合わせとして強い違和感は感じない。

IMG_2414.JPG
そして専用包み紙にハンバーガーを移し、食べる。
左右に突出したベーコンをまずかじり、その後バーガー全体にかぶりつく。

IMG_2404.JPG
パティはごつごつと肉肉しい食感で厚みもあり食べ応えがある。
かなりペッパーが利いていて、というかペッパーが主役の味だ。
モッツァレッラチーズはバーナーで焼き目がつけられメルト感があるものの、
味としてはクセや旨味が乏しく、他に主張してくる素材もない。
素材を生かすためにわざと味つけ、塩気を最小限にしているのだと思うが、
なんとなくひと味足りない、味気ない印象を持った。
マヨネーズ系のソースが少しでも加わった方がいいのではないかと思った。

IMG_2357.JPG
「毎日でも食べれるグルメバーガー」を目指しているという。
確かにガツンとパンチのあるバーガーは毎日食べると飽きるだろう。
あとは、ハンバーガーにパンチを求めない人がどのくらいいるか、だ。
いずれとんかつバーガーを食べに来てみたい。

KAKUMEI Burger & cafeハンバーガー / 蓮沼駅蒲田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。