2020年07月17日

BURGER & MILKSHAKE CRANE(末広町)…奇を衒わないグルメバーガーの優等生

IMG_2972-2.JPG
グルメバーガー店でダブルバーガーを食べると、なぜか翌日体重が減る。
分厚くて肉肉しいパティに大口を開けて思い切りかぶりつく行為が、
きっと大きなエネルギーを消費するのだろう。
ここのところ体重のコントロールがままならないので、
以前より気になっていた「BURGER & MILKSHAKE CRANE」に行く。

IMG_2943.JPG
午前11時3分に入店する。
テーブル席のみ全16席の店内に先客は無く、2人用テーブル席につく。
ピンクの壁に覆われた内観は、
一般的なグルメバーガー店によくあるアメリカンな雰囲気を感じさせないが、
60年代R&BがBGMがかかるところはかろうじてらしさを醸し出している。

IMG_2940.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
トッピングの項目がなく、注文のカスタマイズの自由度はなさそう。
ダブルチーズバーガー1,700円+税を注文する。

IMG_2944.JPG
店は調理を行う男性二人とフロア担当の女性の計三人で切り盛りされている。
男性二人がBROZERS’出身というのはよく知られた話だ。
外観、内観、メニューなどから、明らかに個人店であることが分かる。

IMG_2947-2.JPG
注文から9分でハンバーガーが出来上がってくる。
シューストリングタイプのフライドポテトがついている。

IMG_2958-2.JPG
ハンバーガーのボリュームは業界水準としてはやや小ぶりな部類だ。

IMG_2968-2.JPG
構成は上からチーズ、パティ、チーズ、パティ、オニオン、トマト、レタス、
そしてヒールのバンズの上にマヨネーズベースのソースが入る。

IMG_2961-2.JPG
バンズ、パティは鉄板で焼かれているようだ。
チーズは色合いからコルビージャックと思われる。
オニオンはソテー、グリルされたものでなく生のスライスだ。

IMG_2984-2.JPG
専用包み紙に移して食べる。
もの凄く美味い。
チーズにクセがなく、マヨネーズソースと黒胡椒が味のメインであり、
パティはいわゆるハンドチョップだろうが、肉肉しさの主張は強くない。
最近は、野菜を省略したり、ソースや味つけを最低限にするなどして、
肉の旨味や質感を直線的に味わわせるバーガーが主流だと思うが、
それに対し、バンズ、パティ、野菜、ソースの調和がしっかり取れた、
全科目が水準以上のような優等生的ハンバーガーなのだと思う。
今どきの通ならば避けるオールドタイプかもしれないが、
はっきり言って私にとっては好みのど真ん中だ。

IMG_2932.JPG
最近、いいハンバーガーをいくつも食べているが、ここは出色だった。
店の人たちの接客もとても感じがよかった。
いずれ、是非サンドウィッチも食べに来てみたいと思った。
これで後、明朝の体重計の値が目論見通り減っていれば言うことはない。

BURGER&MILKSHAKE CRANEハンバーガー / 末広町駅湯島駅上野広小路駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 千代田区 神田 秋葉原、末広町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。