2020年07月22日

homeys(高田馬場)…屹立を保てない赤いトリプルバーガー

IMG_3318.JPG
黒いバンズ、赤いバンズのハンバーガーを食べさせる店があると聞く。
黒いバンズはハングリーヘブンなどいくつかの店が思い浮かぶが、
赤は他に例がなく、一度見てみたいし食べてみたい。
昼の業務に余裕のあるこの日、高田馬場に遠征し「homeys」に行く。

IMG_3305.JPG
地下鉄東西線の駅から徒歩2分、店に着いたのが午前11時2分。
アルバイトと思われる若い女性店員がテーブルを拭くなどの開店作業中で、
その作業がひと区切りつくのを待って、4人用テーブル席につく。

IMG_3294.JPG

IMG_3297.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。

IMG_3300.JPG
赤いバンズが選択できることをしっかり確認する。
ダブルチーズバーガー1,650円+税トッピングパティ350円+税を、
赤いチリバンズ+100円+税で、と注文する。

IMG_3304.JPG
店は店主と思われる若い男性と前述の若い女性の二人で切り盛りされる。
店を訪れる客は私が滞在中皆無だったが、
ひっきりなしにテイクアウトやUBER EATSの注文が入っているようだ。
また、“American Dining”を標榜しながら、内観にアメリカンな要素は乏しい。

IMG_3311.JPG
注文から16分ほどで出来上がってくる。
シューストリング型のフライドポテトとピクルスがつく。

IMG_3314.JPG
バーガーに串が刺さっておらず、席に皿が置かれた瞬間に全体が崩れた。

IMG_3323-2.JPG
卓上のフォークとナイフを使って自力で慎重に元に戻す。
確かにバンズは赤い。
朝鮮ピンクにオレンジが混ざったようなトロピカルな赤だ。
このチリバンズにはハバネロが練り込まれているのだそうだ。

IMG_3325-2.JPG
構成は上からバンズ、チェダーチーズ、パティ、チェダーチーズ、パティ、
チェダーチーズ、パティ、ソテードスライスオニオン、トマト、レタス、
バンズの順である。
他のバンズではBBQソースが入るがチリバンズではチリソースが入るそうで、
おそらくバンズのクラウンの下に入れられているのではないかと思う。

IMG_3329-2.JPG
パティはオージービーフをミンチ器で粗挽きしているようで、
1枚が100gの量で、鉄板で焼かれている。

IMG_3339.JPG
卓上のナイフで真っ二つに切ろうとするが、上手く切れない。
屹立を保てないでいるハンバーガーを上から切るのはとても難しい。

IMG_3345.JPG
半分ずつ専用包み紙に移して食べる。
パティは粗挽きながらそこそこ細かくミンチされているものの、
ごつごつした食感で肉汁はさほど感じず、ブラックペッパーが利いている。
バンズはピリッと辛く、更にチリソースが加わっているわけだが、
全体の辛さはほどほどで、強い刺激感はない。

IMG_3291.JPG
なかなか美味かったし、面白い体験をできた。
残念だったのはランチセットを適用してもらえなかったこと。
トッピングをすると適用外になるのだろうか。
あと、串は使ってほしい。
PayPayで会計をし、雨の中、JR高田馬場駅に向かった。

ホーミーズハンバーガー / 高田馬場駅西早稲田駅面影橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 新宿区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。