2020年07月27日

BURGER'S BASE(代々木)…忘れかけていた佐世保バーガー

コピー 〜 IMG_3669.JPG
四連休明け、月曜の朝の体重計に出た数字は想像外の値。
ろくに動きもしなかったのだから、あたり前だ。
こんな日の昼飯は、プレミアムバーガーしかない。
分厚いハンバーガーに大口を開けてかぶりつけば必ず体重が減る。
朝の仕事が代々木だったので、徒歩圏内の「BURGER'S BASE」に行く。

IMG_3647.JPG
午前11時10分に入店すると先客はなし。
レジカウンターで先に注文し、会計を済ませ、
ランチサービスのドリンクを受け取って好きな席につくという流れだ。

IMG_3644.JPG
メニューを見ると、トップの『佐世保バーガー』の文字が目に入る。
佐世保バーガーって懐かしいなあ。
いつしか聞かなくなったよなあ。
だいたい佐世保バーガーってどんなハンバーガーなんだろう。
この店のメニューでは、エッグ、ベーコン、チーズが入ると説明される。
でも他のグルメバーガー店で、
ベーコンエッグチーズバーガーを佐世保バーガーと呼ぶことはまずない。
あまり深く考えずに佐世保バーガーDOUBLE1,980円を注文する。

IMG_3656.JPG
その昔「ZATS BURGER CAFE」という佐世保バーガー店が流行って、
今から考えれば、当時グルメバーガーが世に徐々に浸透していくことに、
佐世保バーガーブームは一役買ったのではないか。

IMG_3665.JPG
注文から10分ほどで出来上がってくる。
シューストリング型のフライドポテトがつく。

IMG_3684-2.JPG
バーガーはあらかじめ専用包み紙に入れられている。
構成は上からバンズ、レタス、トマト、スライスオニオン、ベーコン、
目玉焼き、チーズ、パティ、チーズ、パティ、バンズ。
チーズはレッドチェダーチーズが使われている。

IMG_3693-2.JPG
巨大だ。
紙ごと持ち上げるとずっしりと重みを感じる。
口を目いっぱい開けて思い切りかぶりつく。
途中、天地をひっくり返したりして食べる。

IMG_3673.JPG
バンズのクラウンの裏側にマヨネーズが塗られている。
(マヨネーズベースのソースでなく、マヨネーズそのもの)
味つけとしてはこれにやや甘めのBBQソースが加わっている。

IMG_3678-2.JPG
パティは恐らく牛100%ハンドチョップつなぎなし鉄板焼きだろう。
肉はごつごつして細かく挽かれていないが、スジはあまり感じない。

IMG_3696.JPG
ベーコンはきっと自家製なのだろう。
スモーキーで味わい深かったが、焦げ目がもうちょっとほしかった。
バンズはモチっとふっくらとして軟らかく、ほのかな甘みがあった。

IMG_3640.JPG
後で調べてみると、佐世保バーガーに厳密な定義・規定はなさそうだった。
きっと佐世保で作られている、食べられているバーガーをそう呼ぶだけで、
内容や製法は店によって様々なのだろう。
佐世保バーガーだと言われて食べれば、それなりの気分になるものだ。
宇都宮餃子も盛岡冷麺も帯広豚丼も横須賀海軍カレーもきっとそうだ。
もっと言えば、南インド料理なんかもそうだ。
ウィキペディア頼りの頭にならないようにしないといけない。

バーガーズベースハンバーガー / 代々木駅南新宿駅北参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ラベル:ハンバーガー
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 渋谷区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。