2020年08月14日

Jack37Burger(馬喰町)…レアに焼かれたパティの食感が頭から離れない

IMG_5167.JPG
お盆の週の金曜日は会社が完全休業、でも用事は何もなし。
家にいると酒を飲んじゃうから、朝から都内をあっちこっち散歩する。
昼飯は評判のグルメバーガー店「Jack37Burger」と決めている。
かなり前から気にしていた店だが、場所に縁がなくて行けないでいた。
開店時間到着を目指し、都営新宿線を馬喰横山駅で降りて店に行く。

IMG_5155.JPG
午前11時37分到着で全16席の小さな店内に空席は4人用テーブル一卓のみ。
一人だったがその席に入れてもらった。
すぐに後客の来店が続いたが、相席にはならず、皆、外待ちとなっていた。
一人で広い席を占拠して申し訳ない気持ちで、ちょっと肩身が狭かった。

IMG_5146.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
店のイチオシはインドネシアのサンバルソースが入るバリネスバーガーだ。
サンバルソースはナシゴレンなどに使われるピリ辛のチリソースで、
インドの野菜カレー、サンバルとは無関係だ。
バリネスダブルチーズバーガー1,680円、追加ベーコン250円を注文する。

IMG_5151.JPG
客層は休日気分のファミリー、カップルに加え、サラリーマン客もいる。
特にテイクアウトの注文をしていくサラリーマン、OL一人客が多い。
普段の平日の昼はきっとかなり混むのだと思う。

IMG_5157.JPG
店内にはアメリカの車のナンバープレートなどが壁一面に掲示され、
適度にアメリカンな内観が演出されている。

IMG_5160.JPG
注文から8分ほどで出来上がってくる。
一般的なグルメバーガー店に比べて出来上がり時間が早い印象だ。

IMG_5175.JPG
細切りクリスピータイプのフライドポテトとピクルスが添えられる。

IMG_5173.JPG
ハンバーガーはド迫力とまではいかないがなかなか壮観だ。
メルト感満点のチェダーチーズと分厚いベーコンが壮観さを助ける。

IMG_5179.JPG
バンズのクラウンをめくると裏に刻み玉ねぎとマヨネーズソースが認められる。
そこから下に向かってベーコン、チェダーチーズ、パティ、チェダーチーズ、
パティ、スライストマト、レリッシュとサンバルソース、レタスという内容だ。

IMG_5184.JPG
バーガーをスライドさせ、下に敷かれていた包み紙に入れて手でつかみ、
口を目いっぱい開けてかぶりつく。

IMG_5189.JPG
うまあーい。
パティが死ぬほど美味い。
オージービーフのチャックアイロール(肩ロース)使用とのことだが、
ハンドチョップでかなり粗目にカットされ固められている。
肉肉しさを出すため、肩ロースだから敢えてスジも残しているのだろう。
更に特徴的なのはレアめに焼かれていることだ。
鉄板で遠赤外線バーナーで焼かれているようで、食感は見事というほかない。

IMG_5188-2.JPG
世界に誇る峰屋製のバンズも、他店の峰屋バンズとは一風変わっていて、
やや硬めでフワっとよりもサクッとが強調された印象だった。
サンバルソースは辛味はさほど強くなく、ほんの薬味程度という感じ。
とにかく肉の旨味で食べさせるハンバーガーだった。

IMG_5143.JPG
パティ、バンズ、ソース、全体の調和、ボリューム、つけ合わせのポテト、
すべての要素において高い満足感を得られる内容だと思った。
後悔は、パティの断面の画像を撮れなかったこと。
ハンバーガーの屹立が不安定に見え、
ナイフで上から真っ二つにカットするのを躊躇してしまった。
絶対にまた来たい。

Jack37Burgerハンバーガー / 小伝馬町駅馬喰横山駅馬喰町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


posted by こここ at 14:58| Comment(0) | 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。