2020年08月21日

中華 栃尾(護国寺)…惹き寄せられる町中華の良店

−2IMG_5862.JPG
あるWebサイトで見たチャーハンの画像に釘付けになった。
護国寺・・・まったく縁もないし用事もありそうにない土地だ。
昼の仕事に余裕のあるこの日、思い切って電車を乗り継ぎ行ってみる。
生まれて初めて護国寺駅を降り、向かったのは「中華 栃尾」である。

IMG_5845.JPG
護国寺交差点近くにすぐに店を見つける。
午前11時5分の入店で全12席の小さな店内に先客は女性一人客のみ。

IMG_5840.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター席に座り、目の前に貼られたメニューを見る。

IMG_5832.JPG
気になる品は多いのだが、迷いを断ち切り、
肉入りチャーハン950円餃子(自家製)六ヶ入り450円を注文する。

IMG_5891.JPG
店はやや年配めの男女と若い男性の三人で切り盛りされている。

昭和37年に新潟県旧栃尾市出身の人物が護国寺に中華料理店を開業し、
その店で修業をした人たちがその後首都圏の各地で暖簾分けの店を開いた。
この店もその暖簾分け店の一店なのだという。
大元の店は現在は廃業しているのだそうだ。

IMG_5842.JPG
文京区に良い町中華の店が多いのは、古い街が多いせいだろうか。
兆徳、新雅の二大人気店にラッキー飯店や、オトメ、札幌軒などなど・・・
どういうわけか私は文京区に縁がなく、そのほとんどの店に行っていない。

IMG_5850.JPG
さて、注文から6分でまず肉入りチャーハンが出来上がってくる。

IMG_5859.JPG
チャーハンの上にカットされたチャーシューがたっぷりのり、
ベストフォトジェニック賞を授与したくなる見事な見映えである。

IMG_5869.JPG
チャーハン自体の具は卵のみでボリュームは標準的だと思う。

IMG_5879.JPG
食べる。
チャーシューはチャーハンと一緒に炒められてはおらず冷たい。
脂身部分が豊富で甘みがあり食感もとても軟らかい。
チャーハンはいわゆるしっとり系だが、ベチャっとしてはいない。
火の通り加減がよく米に粘り気もなく、味つけも濃過ぎずいい感じだ。

IMG_5875.JPG
餃子も1分後くらいに出てくる。

IMG_5885.JPG
標準に比し中の上くらいのサイズのものが6個皿に並ぶ。
皮はやや厚めでモチっとしている。
あんのキャベツは粗みじん切りでその食感がしっかり残っている。
チャーハンもそうだが、変な旨味調味料の味がせず、まずまず美味い。

IMG_5828.JPG
わざわざ来た甲斐があった。
チャーハンに付くスープはラーメンの汁と思われるがなかなかいい味だった。
きっとラーメンもかなり美味いのではないかと思う。
とん汁バターラーメン、朝鮮焼きライスなど気になる品がいくつかある。
いずれ、この界隈を散策がてら、また来たいと思う。

栃尾 護国寺中華料理 / 護国寺駅新大塚駅東池袋四丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。