2020年08月24日

CRUZ BURGERS(四ツ谷)…ツユダクバーガー

コピー 〜 IMG_6092-2.JPG
都内にいいグルメバーガーの店が多くなってきたが、そうなると、
ラーメンやとんかつのように「〇〇出身」「〇〇で修業」なんていう、
料理人の出自が店のキャッチフレーズとして聞こえてくるようになる。
今日はFIRE HOUSE出身という主人が営む「CRUZ BURGERS」に行く。

IMG_6078.JPG
JR四ツ谷駅から三栄通りを6分ほど歩いて店に着く。
午前11時半過ぎの入店で全20席の店内に先客は3人で、
「お好きな席にどうぞ」との案内を受け、4人用テーブル席に座る。

IMG_6072.JPG

IMG_6073.JPG
メニューを見る。
コンセプトはカリフォルニアスタイルのハンバーガーなのだそうだ。
自家製出来たてのベーコンやチリビーンズが入るものが人気だという。

IMG_6084.JPG

IMG_6081.JPG
パティ、チェダーチーズがともに2枚入るダブルダブル1,600円+税と、
追加の自家製ベーコン250円+税を注文する。

IMG_6080-2.JPG
厨房を見るとパティがロストル上で直火焼きされているのが分かる。
なんでも溶岩石のグリルで、遠赤外線効果があるのだそう。
バンズはその隣の鉄板で焼かれている。

IMG_6086.JPG
注文から9分ほどで出来上がってくる。
バーガーは包み紙の上に置かれ、珍しい形状のワッフルポテトがつく。

IMG_6099.JPG
バーガーの構成は上からバンズ、マヨソース、BBQソース、自家製ベーコン、
チェダーチーズ、パティ、チェダーチーズ、パティ、サウザンアイランドソース、
オニオン&レリッシュ、トマト、レタス、バンズ。

IMG_6107.JPG
出てきた瞬間に思ったのはBBQソースがかなり多めに入っていること。
テリヤキバーガーと間違えたのでは、と思ったほどだ。

IMG_6116.JPG
二枚の分厚いパティにソースがしっかりとからまっている様は、
ウーピーゴールドバーガーをちょっと思い出させられる。

コピー 〜 IMG_6120.JPG
専用包み紙に包んで、軽く上下からつぶして口を目いっぱい開けて食べる。
やはり甘めのBBQソースが味の主体になっている。
オージービーフのチャックフラップ(ザブトン)を粗くハンドチョップし、
ミスジと牛脂のミンチをつなぎに使い成形しているというパティは、
ゴツゴツ感はあるものの意外とふんわりとした食感だ。
峰屋特注のバンズはトースト用生地を使ったものらしく、サクッとして、
やはり他にない独特な食感だと思った。

正直言って、BBQソースの量を少なめで、とお願いすればよかった。
もっとパティの肉そのものの味やベーコンの燻製香を感じたかった。
それに、ソースがどんどん包み紙に流れ落ちてきて、少々食べにくかった。

IMG_6067.JPG
スタッフは皆とても感じがよかった。
クラフトビールやプルドポークサンドウィッチを試してみたいと思った。
Paypayで会計をして店を後にし、再びJR四ツ谷駅を目指して歩いた。

CRUZ BURGERS & CRAFT BEERSハンバーガー / 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 新宿区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。