2020年08月28日

SUNDAY(水道橋)…お洒落で大味なニューヨーク仕様のバーガー店

IMG_6248.JPG
11月に行われるアメリカ大統領選挙はおじいさんとおじいさんの戦いだ。
どちらのおじいさんもなかなかパワフルに見える。
普段から分厚いステーキやハンバーガーをぺろりと食ってるに違いない。
そうめんや冷やし中華ばかり食べてたら身体の中から老け込んでしまう。
今日はニューヨークスタイルのハンバーガー店「SUNDAY」に行く。

IMG_6226.JPG
午前11時ちょうどに店に行くとまだCLOSEDの札がかかっていて、
先に来ていた親子連れ三人組がドアを開けて中に入っていくと、
中から女性店員が出てきて札をOPENに替えた。

IMG_6225.JPG

IMG_6217.JPG
「お好きな席にどうぞ」と案内され、奥めの4人用席につく。
メニューを見る。
パティもチーズも3枚ずつ入るトリプルチーズバーガーに惹かれるが、
興味はあるものの勇気や自信がなく、しばしの葛藤の末、
ダブルチーズバーガー1,650円+税とトッピンググリルベーコン250円+税
を注文する。

IMG_6220.JPG
ニューヨークはブルックリンのダイナーの雰囲気を演出しているのだそう。
世のグルメバーガー店はアメリカ西海岸をイメージした内観が多いので、
なんとなく小洒落た印象を与えられる。
休日の午後にゆっくりとお茶を飲みに、なんて思わさせられる雰囲気だ。

IMG_6256.JPG
注文から11分ほどで出来上がってくる。
細めのシューストリング、クリスピータイプのポテトフライがつく。

IMG_6244-2.JPG
ハンバーガーのボリュームはそれほど大きくないように見える。
構成は上からバンズ、グリルベーコン、チェダーチーズ、パティ、
チェダーチーズ、パティ、トマト、レタス、マヨネーズソース、バンズ。
パティは1枚120gだそうで、面積よりも厚みが強調されている。

IMG_6259-2.JPG
見た目に特徴的なのはバーガーからはみ出したグリルベーコンだ。

IMG_6268-2.JPG
薄めで脂身の少なく面積の広いベーコンが2枚重ねて入れられている。
食べやすいようにカットされたり成形されたりしておらず、
自家製を示すためか、敢えて荒々しさを演出しているかのようである。

IMG_6279.JPG
専用包み紙に入れて食べる。
かなり塩分が強い。
ソースはマヨソースだけだと思うので、パティの味つけだろう。

IMG_6274.JPG
そのパティはチャックロールと思われ、粗目のハンドチョップのようだ。
スジも敢えて残されているようで、ごつごつした食感を楽しめる。
尚、パティもバンズも鉄板で焼かれている。

IMG_6211.JPG
塩味が濃すぎたこともあるが、
全体がこじんまりとまとまっていて、強いインパクトを感じなかった。
肉の旨味で全体を食べさせるような、そんな魅力が足りないと思った。
この店の最大の魅力は、店内の雰囲気なのだと思う。
こんな雰囲気なら、おじいさんになっても入ってこれそうだ。

SUNDAYハンバーガー / 水道橋駅飯田橋駅九段下駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。