2020年08月30日

から揚げの天才(武蔵小山)…注目のから揚げ専門チェーンをテイクアウトで試す

IMG_6390.JPG
「パルムにから揚げ屋が出来て大行列になっていた」
という情報を妻から聞いたのが8月の初旬のこと。
から揚げも過渡競争になってるなー、と思いつつ気にはしていた。
8月最後の日曜の晩飯は、
その「から揚げの天才」のテイクアウトを利用してみようと思い立つ。

IMG_6417-3.JPG
ネット予約ができることをHPで知り、
「今日の晩飯は唐揚げにしない?」
「うん、いいよ」
との妻との会話の後、朝早くに予約をする。

IMG_6410.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
から揚げ(デカから)は“黒”、“白”、“赤”の三種類が常時用意されていて、
他に夏限定のガーリック味のものがある。
から揚げが10個入るファミリーパックを予約しようとしたが、
ネット予約では黒と白、それぞれ6個ずつのサービスパックしか注文できない。
(店頭注文なら10個は黒白赤三種を自由に組み合わせられる。)
それでも一個99円+税のから揚げが12個入って980円+税とお得なので、
そのネット予約限定ファミリーパック980円+税を予約注文する。

IMG_6395.JPG
午前10時の開店時間より5分ほど早く着くと既に営業していて、
入店し、予約番号を告げようとするが、この時間の予約は他にないよう。
PayPayで会計をし、椅子に座って待つ。
店内には全21席のイートイン席がある。

IMG_6397.JPG
「から揚げ揚がりまーす」という男性の声がした後、
女性店員が揚げ上がったばかりのから揚げを容器に詰め始める。
できれば油を多少落としてから詰めてもらいたいのだけれど・・・

IMG_6399.JPG
その他諸々の買い物を済ませてから家に帰る。
その間、から揚げパックの入ったビニール袋からかなりの熱気を感じる。

IMG_6405.JPG
パックを開けてみるとこんな感じ。
一個一個のサイズがなかなか大きい。
夜まで常温のまま置いておく。

IMG_6421.JPG
さて、晩になって、ペッポリというキャンティ・クラシコを開ける。
もちろんサンジョヴェーゼ主体でメルローとシラーが加わる。
酸味と果実味がバランスよく、夏場で重たすぎないのがいい。

IMG_6429.JPG
その間、妻がから揚げをオーブンレンジの揚げ物モードで加熱する。
黒と白、6個ずつに分けて皿に盛る。

IMG_6433.JPG
食べる。
白はオーソドックスな小麦粉コロモのから揚げだ。
オーブンで再加熱しているのでカリッとサクッと感が乏しいのは仕方ない。
塩味が抑えられ、食べやすいモモ肉から揚げと言える。

IMG_6449.JPG
黒はコロモに片栗粉が使われ、色や味から甘味糖成分も入っていそうだ。
やはりモモ肉で、かなりかっちりと硬めの仕上がりとなっている。
この手のから揚げに遭遇することはときどきあるが、どこが発祥なのだろう。

IMG_6417-2.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
から揚げの天才は2018年11月に梅屋敷に1号店を開店させて以来、
現在までに全国で40店を超えるまでに店舗数を急拡大させている。
既に100店舗を超える先行の鶏笑、から好し、からやまには及ばないものの、
かなりの勢いであり、ワタミグループとしては期待の業態なのだろう。
から揚げはテイクアウトに向く商品で、現環境が勢いを後押ししている。

IMG_6446.JPG
味は?と問われれば、揚げたては食べていないので分からないが、
テイクアウト総菜のから揚げとしては中の中が妥当な評価ではないか。
再加熱同士の比較としても、黒は蒲田鳥久に遠く及ばないのは無理もない。
白はその辺のスーパーの総菜でももっと美味いものがある。
テイクアウト主体の営業ならもう一段工夫を考えなければいけない。
個人的には、白くて粉っぽいコロモの竜田揚げがあるといいなあと思う。
ワタミはこの業態が当たったら、餃子の天才、うどんの天才、パンの天才
なんかを始めるのではないかと邪推するのである。

から揚げの天才 武蔵小山店からあげ / 武蔵小山駅戸越銀座駅戸越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by こここ at 23:00| Comment(0) | 家でごはん 弁当・デリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。