2020年09月04日

AS CLASSICS DINER(駒沢大学)…グルメバーガーのチャンピオン

IMG_6812-2.JPG
くそ暑い中、駒沢公園のランニングコースを走る。
ジョギング、ランニングにダイエット効果はない、という話をよく聞くが、
止めたら太りそうに思えて止められないのは、宗教のようと言えなくもない。
走り終え、シャワーを浴びた後、近くの「AS CLASSICS DINER」に行く。

IMG_6800.JPG
午前11時15分頃に入店すると、全40席の店内に先客は男性一人のみ。
「お好きな席にどうぞ」の案内を受け、4人用テーブル席につく。

IMG_6789-1.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_6789-2.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
この店には過去何度も来ていて、ポピュラーな品はたいてい食べている。
だからちょっと変わったものを食べてみたい。
ダブルチーズバーガー1,700円、追加チリミート200円ハラペーニョ150円
を注文する。

IMG_6791.JPG
店は6人の店員で切り盛りされている。
そのうち一人の男性が専らバーガーの調理を行っている。
肉が焼けるたまらなくいい匂いが、脳を狂わさんばかりに襲ってくる。
厨房を遠巻きに覗くと、パティはロストルにのり、グリルされている。
この店のバーガーの魅力の大きな要素は、パティが炭火焼されること。
首都圏のグルメバーガー店でも炭火焼している店はそれほど多くない。
思いつく限りではFELLOWSウーピーゴールドバーガー、folk Burgers、
Baker Bounceくらいだ。

IMG_6805.JPG
注文から20分かかって出来上がってくる。
ナチュラルカットのポテトフライがつく。

IMG_6836-2.JPG
クラウンをめくると、たっぷりのハラペーニョとチリミートが見える。
クラウンの裏にはバターとマヨネーズソースが塗られている。
因みにバンズは我らが峰屋の特注品だそうである。

IMG_6819-2.JPG
上からバンズ、ハラペーニョ、チリミート、チェダーチーズ、パティ、
パティ、トマト、グリルドオニオン、レタス、バンズという構成だ。
ぼーっとしているとチリミートがどんどんこぼれ出してくる。

IMG_6815-2.JPG
件の炭火焼パティは1枚140gのボリュームだそうで、厚みがある。
かつてはメキシコ産牛のチャックアイロール(肩ロース)使用と聞いたが、
現在もそうなのかは分からない。
六本木店はオージービーフ使用だ。)

IMG_6848.JPG
包み紙に慎重に移動させ、口を目いっぱい開けてかぶりつく。
やはりパティが断然美味い。
断面を見るとミディアムレアで焼かれていて赤みが残っている。
焼き目の香ばしさ、ハンドチョップ肉ならではの食感のゴツゴツ感、
そして肉の旨味が口の中いっぱいに広がる幸せ・・・

IMG_6878.JPG
チリミートは牛挽き肉が様々なスパイスとともに煮込まれたもの。
おそらくその後にソテーもされていると思う。
辛さもほどよく、酸味のあるハラペーニョとの相性もいい。
味の濃いチリミートが入るため、
通常入るBBQソース、タルタルソースは省かれているようだった。

IMG_6856-2.JPG
もちろんバンズ、野菜類との全体の調和もばっちり。

IMG_6774.JPG
やはり私にとってナンバーワンのハンバーガー店だ。
それを確かめに来て、しっかり確認できた。
次は久々にポークカツレツサンドウィッチを食べたい。
尚、以前は朝早くから営業していたが、現在は午前11時からとなっている。

エーエス クラシックス ダイナー KOMAZAWAハンバーガー / 駒沢大学駅都立大学駅学芸大学駅

昼総合点★★★★ 4.0


posted by こここ at 13:27| Comment(0) | 目黒区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。