2020年09月14日

甚三(大門)…讃岐うどんなのかどうかは重要でない

IMG_7553.JPG
平日13時、大門近辺を歩いていると、ちょっとした行列を見かける。
自家製さぬきうどん 甚三」・・・ふーん、あまり興味ないな。
他に昼飯のあてがあるわけじゃないけれど、うどんはいいかなあ。

IMG_7552.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
讃岐うどんかぁ・・・まったく興味ないなあ。
たまごバターしょうゆかぁ・・・なんかちょっと美味そうだな。

IMG_7555.JPG
並ぶ。
若い男ばかり10人以上が並んでいる列の最後尾につく。

IMG_7558.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
たった4分で待ち列の先頭になり、店頭の券売機の前に立つ。
たまごバターしょうゆ550円鶏天180円の食券を買う。

IMG_7563.JPG
その1分後に女性店員に招き入れられ、食券を渡し、奥めの席に座る。
全24席の店内はもちろん満席だが、かなり回転がいいようだ。

IMG_7565.JPG
どれどれ、調味料や食べ方の注意書きなんかをチェックしようかな、
なんて思いながら周囲をキョロキョロ見回していると、

IMG_7579.JPG
着席から1分半ほどでうどんと鶏天が同時に出来上がってくる。

IMG_7597.JPG
うどんは見た目に汁なしで中心に生卵がのり、黒胡椒がたっぷりかかる。
バターが札幌ラーメンのようにトッピングされるのかと思っていたが、
恐らく底に醤油ダレとともに沈んでいるのだろう。

IMG_7607.JPG
うどんを持ち上げてみるとずっしりと重いし、箸で持った感覚が硬い。

IMG_7608.JPG
生卵を割ってからめて食べてみる。
なんかずいぶん太くて表面や角まで硬い。
私が知っている讃岐うどんは、
歯触りはぷにょぷにょに軟らかいけれど噛み切り際に強い抵抗感がある、
というイメージだ。
このうどんは正直言って武蔵野うどんのような食感に感じる。
まあ、ひと口に讃岐うどんと言っても多様なのだろうけれど。

IMG_7620.JPG
バター醤油味の玉子がうどんにからみつき、黒胡椒が強く利いている。
食べ進む内に、この品はカルボナーラを模しているのだ、と気づく。

IMG_7634.JPG
なるほどなるほど、とうなづきながら食べていて、
ふと、急に我に返って周囲を見回す。
みんな肉うどんを食べている。
こんな変な品を食べているのは私だけだ。
急に恥ずかしくなってくる。

IMG_7583.JPG
鶏天を食べると、モモ肉で、肉がしっとりとしてコロモの具合もいい。
温かけやぶっかけにのせて食べたらとても美味いだろう。
もちろんたまごバターしょうゆにはのせず、単体で食べた。

IMG_7648.JPG
私が知っている讃岐うどんと印象が違うことはどうでもいいことだ。
肉うどんが美味いからこの時世下でもこれだけ客が集まるのだろう。
カルボナーラ風は面白いと思った。
仮にベーコンやパルメザンチーズを入れて完全に狙いにいっていたら、
むしろ面白味は感じなかったかもしれない。
恥ずかしかったけれど、楽しめた。

自家製さぬきうどんと肉 甚三うどん / 大門駅浜松町駅芝公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 港区 浜松町、大門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。