2020年09月16日

BROZERS'(新富町)…グルメバーガー定着の立役者の今

IMG_7838.JPG
築地でひと仕事終え、名物サンドウィッチを目当てに東銀座へ歩く。
しかし、この時世下で長期休業中・・・よくあることでがっかりもしない。
サンドウィッチがダメなら本格グルメバーガーだ、と気持ちを切り替える。
新富町の「BROZERS'」に行く。

IMG_7771.JPG
平日午前11時10分の入店で全40席の店内に先客は中年カップル一組のみ。
但し、私の後にすぐに5人ほどの男性一人客の入店が続いた。

IMG_7773.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_7763.JPG
メニューを見る。
実はBROZERS'に来るのはテイクアウトも含めておよそ8年振り。
(新富町店はこの日が初めて)
かつていろいろな品を食べたが、味はまったく覚えていない。
ダブルチーズバーガー1,650円+税、トッピングベーコン150円+税
を注文する。

IMG_7767.JPG
グルメバーガーが本邦で定着するまでには長い道のりがあった。
1990年代の黎明期の立役者が7025 Franklin Ave.だとしたら、
2000年頃の第2波の立役者はFIRE HOUSEと「BROZERS'」だろう。
人形町の店に行列に並んでテイクアウト購入し、
地下鉄で肉の匂いを漂わせながら家まで持ち帰った在りし日が懐かしい。

IMG_7781.JPG
注文から9分で出来上がってくる。
太めのシューストリングタイプのフライドポテトとピクルスがつく。

IMG_7811.JPG
バーガーは金属製のピンが真上から刺さり、屹立をなんとか保っている。
構成は上からバンズ、BBQソース、ベーコン2枚、チェダーチーズ、パティ、
チェダーチーズ、パティ、トマト、レタス、レリッシュ、マヨネーズソース、
そしてヒールのバンズだ。

IMG_7820.JPG
バンズ、パティは鉄板で焼かれている。
バンズは亀戸の三好屋のもの使っているとの情報がある。

IMG_7828.JPG
専用包み紙に移して、口を目いっぱい開けてかぶりつく。
かなり味が濃い。
BBQソース、マヨネーズソースの量が多く、黒胡椒も強く利いている。

IMG_7845.JPG
パティはオージービーフに国産牛の牛脂を配合した、という。
今どきのバーガーとしては細かくミンチされている部類になる。
かつてはそんなことを思わなかったが、今となっては凡庸なパティだ。
香ばしさはなく、ゴツゴツ感、歯触りの抵抗感などの食感の特徴もない。
巷間のグルメバーガーのパティが進化していることがよく分かった。
新しい店がこの領域をがんがん引っ張っているのだ。

IMG_7849.JPG
取り残された名店と言うべきか。
ラーメンの世界で言えば、丸福や春木屋、或いは桂花か。
とんかつならとんき椿か。
いずれ、昔を懐かしむ人が専ら訪れる店になるか。

ブラザーズ 新富町店ハンバーガー / 新富町駅築地駅宝町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。