2020年09月17日

肥後一文字や(神保町)…豚天そばの定期補給にやってきた

IMG_7874.JPG
カレーの街、神保町に来たのだから本心はカレーを食べたい。
でも今朝の体重計の値を思い出せば、カレーは絶対にダメだ。
洋食店で定食をご飯少なめで、という手も思い浮かんだが、
やはりこの地に来たら「肥後一文字や」の豚天が頭から離れない。
強迫観念に捕らわれるかのように錦華通りを水道橋方向に歩く。

IMG_7864.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
昼12時50分頃に店に着き、入ってすぐ左手の券売機の前に立つ。
あるある、豚天。
そばは冷しがいいが豚天は冷しに合わない。
温かい豚天そば380円の食券を買う。

IMG_7865.JPG
食券をカウンターに出す際に、追加トッピングを現金で買うことができる。
豚天100円をもう1枚と期間限定のあじ天120円を注文する。

IMG_7867.JPG
店内には阪神タイガースのグッズや選手のサインが掲示されている。
一人で店を切り盛りする主人らしき男性は熊本出身の阪神ファンなのだろう。
席は立ち食い用と全8席の椅子席がある。
12時台というのに先客は年配男性一人しかいないのが気になった。

IMG_7883.JPG
2分で出来上がり、カウンター上で手渡され、椅子席に行く。
あじ天と2枚の豚天が重なって並び、色の濃い出汁ツユに半分浸っている。
わかめと小口切りされたネギがあらかじめ加えられている。

IMG_7892.JPG
卓上に置かれた七味唐辛子をふって食べる。

IMG_7900.JPG
そばは生麺使用で軟らかめの仕上がり。
出汁ツユは濃い色から察せられる通り、甘味や酸味が強めだ。

IMG_7904.JPG
このツユに豚天が本当によく合うのだ。
だからコロモがべちょっとして剥がれかかるまでしっかり浸して食べる。
豚天はロース肉であり、薄切りだがぴらぴらの薄さではない。

IMG_7915.JPG
あじ天は変なクセがあって全体と調和しなかった。
冷しにしていたら殊更合わなかっただろう。
名物の原木しいたけ天やはも天がなかったのが残念だった。

IMG_7857.JPG
ここのところ、飲食店の閉店、廃業の報せをよく聞く。
行きつけの店でも「年を越せるかどうか」と公言する店主がいる。
この日、神保町を歩いていても、キッチンマミーは休業中だったし、
かつては行列のできたいくつかの人気店がガラガラな様子を目の当たりにした。
いわもとQがメニューを一新して以降、豚天を食べられる路麺店は他にない。
私にとって貴重な店であり、存続を心から願うのである。

肥後一文字や立ち食いそば / 神保町駅御茶ノ水駅水道橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。