2020年09月18日

食堂 まるやま(旗の台)…何も変わらない安定の庶民派食堂

IMG_7981.JPG
旗の台駅近辺で古い知人を商用で訪ねた後、早めの昼飯をと商店街へ。
気分は富田屋の味噌バターラーメンとまるやまの豚バラ生姜焼きの一騎打ち。
両店をうろうろ行ったり来たりしながら悩んだ末、
たまたま外から店内にいる主人と目が合ったため、「食堂 まるやま」に入る。

IMG_7936.JPG
カウンターのみ10席ほどの店内に先客は20代の男性一人のみ。
某サイトでは11時半開店と記されるが、11時には開店している。

IMG_7930.JPG
カウンター席の背後の壁に掲示されたメニューを見て、
なぜか急に気が変わり、豚キムチ炒め定食800円を注文する。

IMG_7933.JPG
更にサイドメニューのチクワいそ辺揚200円納豆100円も注文する。

IMG_7935.JPG
15年前に近くに引っ越してきて以来、もう何回も来ている店だ。
正直言って家から徒歩圏内で、最もまともな食堂、定食屋だからだ。
以前は亀鶴という味のある食堂があったが、8年ほど前に閉店した。

この店ではたいてい豚バラしょうが焼きを食べている。
月、水が豚汁の日であることをいつも忘れる。
来るたびに、次は月曜か水曜に来ようと思うが、すぐに忘れる。

蒲田と大森にあるまるやま食堂と何らかの関係がある店だとされている。
しかし両店がある時期から林SPF豚のとんかつを売りにし始めたのに対し、
この店は10年以上前から一切メニューを変えず、林SPFに見向きもしない。

IMG_7939.JPG
注文から4分後に納豆が出てくる。
なんか以前よりだいぶ粒の量が減ったな。

IMG_7962.JPG
その5分後にすべてが揃う。
もやしと油揚げの味噌汁、マカロニサラダがつく。

IMG_7969.JPG
豚キムチ炒めは薄切り豚バラ肉がニラ、キムチとともに炒められている。
ナポリタンスパゲティと千切りキャベツが添えられる。

IMG_7972-2.JPG
ボリュームは平均的な定食屋よりやや多めという感じか。

IMG_8018.JPG
食べる。
当然キムチの酸味が主体のシンプルな味であり、辛味はそれほど強くない。
豚バラしょうが焼きに比べてタレ成分がほとんどないので、
千切りキャベツをタレに浸して食べるような楽しみがないのが残念だ。

IMG_7986.JPG
チクワいそ辺揚は半分にカットされたちくわの揚げたてが4本盛られる。
青海苔がたっぷりかかり、醤油をちょっと垂らして食べる。

IMG_7991.JPG
尚、ご飯は少なめで注文していたので、会計時に50円引かれた。

IMG_7924.JPG
定食のおかずを単品注文できるのか、一度も聞いてみたことがない。
次回必ず聞いて、もしできるのなら、焼魚定食にメンチカツをつけたい。
イレギュラーで登場するカレー、カツカレーも食べたことがないので、
運よく出会えたら一度食べてみたい。

まるやま定食・食堂 / 旗の台駅荏原町駅長原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


ラベル:食堂
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 旗の台、荏原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。