2020年09月22日

インド食堂 ふたば(自由が丘)…もっと遊び心を持ってほしい

IMG_8325-2.JPG
四連休最終日は話題のアートアクアリウムを見に日本橋へ行く。
金魚を見るために一人2,300円?
なんでこんな大行列、大混雑になるほど人が来るの?
アホらしくてまったく理解できなかったが、
入場料を払った妻が満足したようだから、文句は言えない。

IMG_8328.JPG
その後、電車を乗り継いで自由が丘に行き、「食堂 ふたば」に向かう。
人づてに面白いインド風居酒屋があるとの評判を聞いての訪問だ。
予約の17時半より15分ほど早く着き、建物の2階の店に行ってみると、
「開店は17時半だがそれまで店内の席で待っていていい」
と店員に言われる。

IMG_8352.JPG IMG_8358.JPG IMG_8361.JPG IMG_8364.JPG IMG_8368.JPG

IMG_8370.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
待っている間、フードメニューを見ながら注文の組み立てを考える。
メニューを見る限り、よくある北インド料理店のラインナップであり、
特段目に留まるような、他の店にないような品は見当たらない。

IMG_8376.JPG
店内はカウンターが7席、テーブルが20席で、落ち着いた雰囲気だ。
インド人と思われる三人の若い男性によって切り盛りされている。

IMG_8375.JPG
天井からホールスパイスのような干し草が多数ぶら下がっている。

IMG_8373.JPG
壁にはメニューが書かれた紙が貼られていて、
例えばパパドが“れんず豆のせんべい”、
フィッシュティッカが“カジキマグロのタンドリー焼き”と表現されるなど、
インド料理店的な感じを薄め、居酒屋風を演出している。

IMG_8349.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
時間になり、店員がおしぼりと水を持ってくる。

IMG_8377.JPG
すぐに2,800円+税のアルゼンチンのマルベックをボトルで注文する。
値段が値段だけに期待しなかったが、意外とまずまずの味わいだった。

IMG_8387.JPG
この日の料理一品目はカチュンバルチキンサラダ780円+税だ。
細切りの大根、ニンジン、きゅうり、ピーマンなどにチキンティッカが加わり、
スパイスで和えられているわけだが、味つけは甘めで辛さは乏しい。
一般的なカチュンバルサラダは野菜の辛いアチャールが盛られるような、
酸味と辛味が主体の味つけになるものが多いので、ちょっと面食らった。

IMG_8404.JPG
二品目は3種野菜のマンチュリアン580円+税が出る。
マンチュリアンは満洲風の意味で、一般に甘酸っぱい味つけになる。
この品は素揚げされたオクラ、なす、ピーマン、パプリカ、カリフラワーが、
スパイスでマリネされているのだが、
辛味、甘味、酸味、塩味などはっきりした味が乏しくパンチが足りない。
味を加えるチャトニーなどの用意が卓上にあるといいのに、と思った。

IMG_8456.JPG
ここでカレーを二品注文する。
カレーは辛さを普通・中辛・大辛・激辛の4段階から指定できる。

IMG_8438.JPG
一つはマッシュルームチリ900円+税を大辛で。
私は辛さが物足りなかったが、妻は「辛い!」と悲鳴を上げていた。

IMG_8444.JPG
もう一つはサグポーク900円+税、ホウレン草と豚肉のカレーだ。
インド料理店で豚肉のカレーに出会うことは珍しいので注文してみた。
残念ながら豚肉は豚バラブロック肉ではなく、脂身の少ない小間肉だった。

IMG_8414.JPG
加えてチキンビリヤニ950円+税を注文する。

IMG_8432-3.JPG
このチキンビリヤニはビリヤニじゃない。
スパイシーチキンティッカチャーハンにターメリックライスがのせられたものだ。
二色構造にしているのは見かけ上ビリヤニっぽく無理に取り繕うためだろう。

IMG_8426.JPG
米はチャーハン部分もターメリックライス部分も長短ブレンドで、
その香りから長粒米はバスマティでなくジャスミンライスだと思う。
チャーハン部分は甘辛い味で、日本人向きにコリアンダーを利かせている。

IMG_8476.JPG
カレーを合わせて食べる。
ビリヤニじゃないからしきたりも気にせず合わせて食べる。
スパイシーチャーハンだと思って食べれば、そこそこイケる。
日本人もそこまでバカじゃないから品名は改めた方がいいと思う。

IMG_8331.JPG
会計は二人で7,656円。
大して混んでいるわけでもないのに、料理が出てくるのに時間がかかった。
居酒屋というには酒の種類が豊富なわけでなく、料理に工夫もない。
正直言って、その辺のインネパ店が出す北インド料理とあまり変わらない。
本格感を漂わせつつもっと大胆に崩すことにチャレンジしてほしい。
遊び心溢れるインド居酒屋が出てきてほしい、と心から期待しているのだ。

インド食堂 ふたばインド料理 / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。