2020年09月24日

ごはん屋 七ふく(西葛西)…デカ盛り道を歩んでほしい肉モノ定食店

IMG_8661.JPG
今日は朝早くから古い顧客に会うために地下鉄東西線で西葛西に行く。
商談は午前11時頃に終わり、再び駅方面に向かう。
この後の予定を考えて早めの昼飯をとろうと駅に隣接したメトロセンターへ。
ファストフードチェーンが並ぶ中、比較的魅力的なメニュー看板を見つけ、
「ごはん屋 七ふく」に入店することにする。

IMG_8749.JPG

IMG_8588.JPG

IMG_8624.JPG
午前11時10分の入店で全18席の店内に先客は無し。
席は間隔を広くとって配置されている。
調理を行う男性とフロア係の女性の二人で店は切り盛りされている。
私の滞在中に店内飲食の後客はなかったが、テイクアウト客は二人ほどいた。

IMG_8629.JPG IMG_8632.JPG IMG_8636.JPG IMG_8637.JPG IMG_8642.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
奥めの2人用テーブル席に座り、卓上に置かれたメニューを見る。
とんかつを始めとする揚げ物の定食が主体で、炒め物やカレー類もある。

IMG_8608.JPG
単品追加メニューが充実しているのが魅力的だ。
とんかつにも惹かれたがロースカツの最大は180gとちょっと物足りない。
豚バラ鉄板焼肉定食(300g)1,400円+税カレールー390円+税を注文する。
豚バラ鉄板焼肉は味を生姜、スタミナ、ピリ辛の三種から選べると言われ、
スタミナと迷った末、生姜を選択する。

IMG_8650.JPG
卓上にはとんかつソース、胡麻ドレッシング、小袋の洋芥子、七味唐辛子、
醤油、胡麻が置かれる。

IMG_8626.JPG
また、店内の一角におかわりコーナーが設けられ、
ご飯のおかわりと温かいお茶はセルフで取るようになっている。
オリジナルブレンド岩塩とスパイシーウスターソースもここに置かれている。

IMG_8672.JPG
注文から9分で豚バラ鉄板焼定食が、その1分後にカレールーが出てくる。
定食には別皿の千切りキャベツ、タクアン、ワカメと油揚げの味噌汁がつく。

IMG_8658.JPG
豚バラ鉄板焼はジュージューと音を立て、煙が上がり、タレが煮立っている。

IMG_8683.JPG
薄切り豚バラ肉が玉ねぎとともに炒められ、鉄板皿にのせられたもの。

IMG_8709.JPG
こんもりと盛られ、肉300gは見た目に迫力のボリュームだ。
しょうが焼きとしてこの量は、デカ盛り殿堂店の上州屋ほどでないにしても、
私の経験ではそれに次ぐ量と言える。

IMG_8721.JPG
食べる。
甘味が抑えられているのはいいがやや酸味があり、生姜の利きはまずまず。
量が多いだけに、終盤、味に飽きてくるのは仕方ないところか。

IMG_8691.JPG
カレールーは別皿で出され、なかなかの量。

IMG_8698.JPG
真っ黒の、いわゆるカシミールカレーを模したカレーソースだが、
このタイプとしてはやや粘度があり、目立った具はないものの、
小さな豚肉片や玉ねぎなどが煮込まれた残骸としてわずかに認められる。

IMG_8736.JPG
ご飯にかけて食べる。
甘味、糖度が強い感じで、辛味は後からじんわりと薄っすらと感じる。
なんだか企業系のとんかつ店でよく出会うような味で、
恐らくこういうカレー用の業務用カレー粉が存在するのではないかと思う。

IMG_8746.JPG
後で調べると、鶏唐揚げのデカ盛りメニューがかつてあったようだが、
現在はなくなっている。
なんとなく雰囲気から個人経営店でないことは察せられるが、
メトロセンターの中では一番駅から離れた端っこの立地であり、
このままとんかつなどの定食屋として営んでも明るい未来があると思えない。
ならば是非、大盛・デカ盛り店として活路を見出してはどうかと思う。
その片鱗はあるのだから。

ごはん屋 七ふくとんかつ / 西葛西駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by こここ at 14:00| Comment(2) | 江戸川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>潤さん
やはり存在するんですね。
間違いなくこれですね。
これを使用している店が何店も思い浮かびます。
情報ありがとうございました。
こここ
Posted by こここ at 2020年09月30日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。