2020年09月28日

やしろ食堂(方南町)…あれもこれも食べたい魅惑の惣菜天国

IMG_8989.JPG
朝早くからの面倒な仕事を片付け、さびれた商店街を方南町駅方向に歩く。
こういう街には必ず年季が入っていて気の利いた大衆食堂があるものだ。
早めの昼飯を、と向かったのは「やしろ食堂」である。

IMG_9073.JPG
午前11時20分の入店で全18席の店内に先客は年配男性一人のみ。
店は年配の男女と中年男性の三人で切り盛りされている。
カウンター席にすわり、壁一面に貼られたメニューを見まわす。

IMG_9012.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
全貌を認識して選択肢にするのが難しいくらい品数が多い。

IMG_9009.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
定食メニューの種類が多く、そのおかずを単品注文できるため、
メニューのバリエーションを膨らませているのだが、

IMG_9028.JPG
つまみ系の品や煮物などの総菜類も豊富で、しかも魅力的なものが多い。

IMG_9020.JPG

IMG_9022.JPG
目の前のショーケースには、がんも煮、肉大根煮、厚揚煮、茄子みそ炒など、
大皿に盛られた魅惑の総菜類が並んでいる。
これらをちょっとずつもらってビールを飲みたい気持ちを必死に抑える。

IMG_9030.JPG
注文は子持カレイ煮魚定食780円、ご飯少なめでお願いしている。
ワカメと豆腐の味噌汁、ゴーヤの浅漬けに加え、

IMG_9039.JPG
ゼンマイ煮、白菜ともやしの卵とじ煮が付け合わせとしてつく。
これを盛っている際、ショーケース越しに「厚揚煮を」とお願いしたら、
老婦人店員さんがおまけで一個のせてくれた。

IMG_9048.JPG
カレイは真子(卵巣)部分は大きいが、身は残念ながら薄い。
身に勢いはなく骨が多いが、まあそんなものかなあ、と思う。
あらかじめ調理されていたものをレンジで温め直して出されている。

IMG_9056.JPG
もう一品、単品とんかつ370円を注文している。

IMG_9060.JPG
こちらは揚げたてだ。
肉の厚さは最大1p、肉だけで120gくらいのボリュームだろう。
家庭で出てくるような、昔懐かしいとんかつだ。

IMG_9068.JPG
これが意外と臭みがなく、脂身も美味くてちょっとびっくり。
まあ、まったく期待しないで食べたのがよかったのだろう。

IMG_8998.JPG
もし家の近くにあったら昼に夜にと定宿になっているだろう。
こういう店は年季が物を言う。
急にやり始めてもこの雰囲気、使い勝手はきっと出せない。
例えばまいどおおきに食堂ではここまでワクワクすることはない。
何とかアクセスの難を乗り越えて、夜に一人で飲みに来てみたい。
尚、ご飯少なめは30円引きとなるようだ。

やしろ食堂定食・食堂 / 方南町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。