2020年10月10日

立飲・ビストロシン サンテ(目黒)…愛するビストロシンはここに天下統一された

IMG_0140.JPG
既報の通りビストロシンの1号店、2号店は閉店となった。
「そうなるかも」とシェフやおかみさんからちらっと聞いていたが、
そうと決まると、特に思い出がつまった2号店の閉店には寂しさを覚える。
そしてビストロシンは目黒セントラルスクエア1階に集約された。
台風接近で雨天の今晩は新生「立飲・ビストロシン サンテ」に行く。

IMG_0151.JPG
予約の17時半より少々早く着き、店頭で売られるドレッシングを見ていると、
すぐにおかみさんが店内から出てくる。
1、2号店の在庫だったワインも店頭で廉価で売られていて、
そのうち1本を2号店惜別記念品的な意味で買って帰ることにする。

IMG_0155-2.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_0159.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
入店し、カウンター席に座るや、すぐに体の向きをあっちこっちと変えながら、
店中いっぱいに貼られたメニューを確認する。
秋素材が満載、興味深い新メニューが多くて目移りが止まらない。

IMG_0166.JPG
ドリンクは飲み慣れたセラボロ3,950円+税を。

IMG_0170.JPG
お通しはロースハム、冬瓜、ハスイモのサラダだ。
ロースハムの外側に焼き目がついているのが斬新だ。

IMG_0193.JPG
さて、料理一品目は梨・いちじく・葡萄とクレソンサラダ880円+税
柿も加わって果物がふんだんに入り、ボリュームはかなり多い。
クレソン以外に水菜やラディッキオ、砕かれたクルミなども入る。

IMG_0217.JPG
二品目は秋きのこ三種フリット980円+税が出てくる。
三種は椎茸、マッシュルーム、舞茸で、タルタルソースがつく。
マッシュルームは噛むと小籠包のように口の中いっぱいに汁がほとばしる。

IMG_0224.JPG
三品目は2号店で馴染みだった若い男性店員さんに強く勧められた新メニュー、
限定・パイ包み焼、牛肉・フォアグラ・リンゴ1,880円である。

IMG_0236.JPG
妻がパイをナイフで真っ二つに切る。

IMG_0244.JPG
牛肉はハンドチョップされた肉の小片が固められたもののよう。
フォアグラ、そしてソテーされたリンゴに身が一緒に包まれている。
食べてみると、かなり甘い。

IMG_0246-2.JPG
リンゴの甘さもあるが、それ以上にソースが甘い。
おそらくデザートワインのような甘いマディラ酒が使われているのだと思う。

IMG_0248.JPG
ここでシラーズ・マクラーレン・ヴェイル880円+税を。
香りが華やかで樽が効いて文句なしの飲み応えだ。

IMG_0258.JPG
本来ならリゾットかパスタで〆るところだが、二人ともお腹いっぱい。
名残惜しいので椎茸のポタージュ680円+税を注文する。
椎茸の旨味に満ちたポタージュなんて初体験でとても新鮮だった。

IMG_0148.JPG
前述のワインに加え、日曜の晩飯用の牛ハラミグリルもテイクアウトして、
この日の会計は合計で14,170円。
帰り際、シェフ、おかみさん、それぞれといろいろ話した。
かつてのように1号店限定、2号店限定の品はなくなった。
ビストロシンの料理はすべてこのサンテで食べられる。
店舗数が減ることは吉野家やキッチンジローのような後ろ向きの変化ではない。
むしろサンテを充実させるきっかけだ。
二人の話から、今まで以上に楽しませてもらえると確信し、店を後にした。

立飲・ビストロシン サンテビストロ / 目黒駅不動前駅白金台駅

夜総合点★★★★ 4.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。