2020年10月13日

folk burgers & beers(神保町)…魅惑の炭火グリルバーガー

IMG_0412-2.JPG
神保町で昼の時間を迎えると、ランチの選択肢が多くて胸が躍る。
カレー、天ぷら、半チャンラーメンに洋食、うどんと名店が目白押しだ。
しかし、今日はハンバーガーと決めている。
都内で数少ない、パティを炭火で焼くハンバーガー店が神保町にあるのだ。
駅から徒歩3分ほど、細い路地に入り「folk burgers & beers」に行く。

IMG_0390.JPG
午前11時半過ぎに店に着くと、ちょうど店内に灯りがともり開店したところ。
中から出てきた女性店員に導き入れられる。
「お好きな席にどうぞ」の案内を受け、2人用の小さなテーブル席につく。

IMG_0384.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
スモーキーバーベキューソースを使ったfolky smokyバーガーが人気らしいが、
炭火焼パティをシンプルに味わいたいと考え、スタンダードなバーガーの中から、
ダブルチーズバーガー1,800円+税を注文する。
また、せっかくの炭火焼なので、エクストラベーコン250円+税も注文する。

IMG_0388.JPG
店は調理を一手に行う男性とフロアを賄う女性の二人で切り盛りされている。
この男性は本郷三丁目のFire House出身であることがよく知られている。
店の内観はアメリカンだが、どちらかというと東海岸風な雰囲気だ。
バドワイザーよりはクラフトビールを飲みたくなる空間を演出している。
待っている間、肉の焼ける香りが容赦なく襲ってくる。

IMG_0400.JPG
注文から7分ちょっとで出来上がってくる。
特徴的な形状のポテトフライがつく。

IMG_0409-2.JPG
バーガーはかなりのボリュームで、金属のピンが上から刺さっている。

IMG_0414-2.JPG
内容は上からバンズ、レタス、トマト、ベーコン、チェダーチーズ、パティ、
チェダーチーズ、パティ、グリルドオニオン、バンズ。
バンズは日本のハンバーガーのレベルを底上げする峰屋製だ。

IMG_0421.JPG
クラウンをめくると裏にマヨネーズソースが塗られている。
ヒールの裏にはハニーマスタードソースが塗られているようだ。

IMG_0423-2.JPG
卓上のナイフで半分にカットしてみるが、これが大失敗。
ベーコンとオニオンが上手く切れず、見た目が汚くなってしまった。
このままなんとか包み紙に移して食べる。

IMG_0417-2.JPG
美味い。
もの凄く。
パティはチャックアイロールのつなぎミンチ無し完全ハンドチョップだろう。
ややスジを残したようなワイルドな食感は今どきのグルメバーガー風だ。
弾力のあるベーコンもスモーキーな香ばしさで存在感を示している。
ソースは量が控えめで味が濃くなく、直に素材の旨味を感じることができる。

IMG_0433.JPG
噂に違わぬクォリティ、とてもいい店だと思った。
いずれ評判のfolky smokyを食べに来よう。
夜に来て、クラフトビールを飲もう。
そして、もっと上手にカットしたい。

folk burgers&beersハンバーガー / 神保町駅九段下駅水道橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ラベル:ハンバーガー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。