2020年11月21日

立飲・ビストロシン サンテ(目黒)…秋深し、サンテ楽し

IMG_3521.JPG
三連休初日、世間の微妙な空気とは裏腹に雲ひとつない快晴の下、
皇居からスタートし丸の内、銀座、日比谷公園とのんびり散歩する。
夕方、新橋まで歩いて山手線に乗って目黒へ。
ディナーは晩秋の「立飲・ビストロシン サンテ」である。

IMG_3525-2.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
予約の17時半より10分ほど早く着き、すぐ入店し、カウンター席につく。
この時間で早くもほぼ満席の盛況ぶりだ。
いつも通り、店内中に貼られたメニューを見回すと、
10月下旬に来たときと大きくは変わらないようだ。

IMG_3532.JPG
ドリンクは飲み慣れたセラボロ3,750円+税を。

IMG_3534.JPG
お通しは宿禰カボチャ、紅芯大根、ヤーコンのサラダだ。

IMG_3539.JPG
料理はまずたっぷり野菜サラダ880円+税が出る。
内容は絹さや、カリフラワー、トマト、ニンジン、水菜、ケール、カブ、
ごぼうなどが入り、ニンジンはラぺのように甘く味付けられている。
酸味のドレッシングにクミンシードが加えられている。

IMG_3551.JPG
二品目はオニオンチーズグラタン880円+税だ。
店員さん曰く「オニオングラタンスープからスープをとった感じ」。
まさにそんな感じ。
フランスの田舎の居酒屋で出てきそうなシンプルな料理だ。

IMG_3557.JPG
三品目は秋鮭と舞茸のフリット880円+税
ボリュームもたっぷりでまさに食欲の秋の季節感あるフリットだ。

IMG_3567.JPG
ここでグラスワインを1杯追加する。
オーストラリアのシラーズ・マクラーレンヴェイル880円+税。
香りよし、樽香ばっちり、凝縮感があってまろっとしたテクスチャーもいい。

IMG_3570.JPG
そのアテはフォアグラ水餃子780円+税を選ぶ。
バルサミコとブルベーリーのソースがかかり、
スライスされたシャインマスカットが添えられる。
とてもチャレンジングな品だと思った。

IMG_3593.JPG
明日、日曜の夕食用のテイクアウト牛ハラミグリルステーキ1,880円+税を含め、
会計は11,750円。
いい時間を過ごせた。
年内にもう一度、たぶん暮れに来ることになるのだろう。

IMG_3579.JPG
GoTo見直しの声が出ている。
飲食店は再び苦難の日々を向える可能性が高い。
普段よくしてくれている店は、力強く生き延びていくものと信じている。
支え合っていきたいものだ。

立飲・ビストロシン サンテビストロ / 目黒駅不動前駅白金台駅

夜総合点★★★★ 4.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。