2020年11月23日

LOBOS(東銀座)…Go To スパニッシュ

IMG_3596.JPG
三連休最終日の月曜も散歩日和の快晴。
代々木駅から明治神宮に入り、原宿に出て買い物散歩を楽しむ。
竹下通りは感染再拡大のニュースにツバを吐くかのような混雑ぶりだ。
夕方、地下鉄を乗り継いで東銀座へ。
目指すはスペインバル「LOBOS」、Go To Eat初利用である。

IMG_3638.JPG
予約の17時に行くと店はちょうど開店したところのよう。
先客はなく、すぐに4人用テーブル席に案内される。

IMG_3611.JPG
まずはドリンクを注文する。
私はサッポロ黒ラベル樽生690円からスタート。

IMG_3615.JPG
同時にクネブランコ4,200円というリオハの白ワインのボトルを注文していて、
妻は最初からこのワインを飲み、私も後から追いかける。

IMG_3616.JPG
お通しは甘めのクラッカーに熟成の進んだ白カビチーズがのせられたもの。
アミューズ代は一人500円だった。

IMG_3621.JPG
さて、料理一品目はマンチェゴチーズとルッコラのシーザーサラダ850円
マンチェゴチーズはラマンチャ地方産のセミハードタイプのチーズだ。
ルッコラ、マンチェゴとクルトンだけのシンプルなサラダで、
シーザードレッシングとパプリカパウダーがかかる。

IMG_3625.JPG
二品目は海老とマッシュルームのアヒージョ750円バゲット300円だ。

IMG_3630.JPG
ちょっと笑っちゃうほどポーションが小さかった。
塩味やニンニクの利きはかなり強めだった。

IMG_3641.JPG
三品目は霜降り黒毛和牛ミスジ溶岩プレート焼き2,380円が出て来る。

IMG_3652.JPG
これも、ここは高級割烹か、と思うほどポーションが小さい。
恐らく100gちょっとではないか。

IMG_3654.JPG

IMG_3650.JPG
岩塩とわさびが別途出されたが、
あらかじめ塩味がついていてそのままでも十分イケた。
しつこくない程度の適度なサシが入り、旨味も強かった。

IMG_3671.JPG
〆はLOBOS特製パエリア
本来2,780円だが期間限定コース予約でなんと半額の1,390円になる。

IMG_3662.JPG
有頭エビ、カニ、あさり、イイダコ、鶏肉などが具として入る。
海老味噌が利いて上にかかるイタリアンパセリがいいアクセントになった。
米の仕上がりもよく、なかなか美味かった。

IMG_3678.JPG
18時を過ぎるとそこそこ客が入ってきた。
ほとんどがグルメサイトからの予約、いわゆるGo To Eat利用のようだ。
東京都のGo To Eatの運用は見直されるのが濃厚だ。
西村経済再生相が最初に使ったとされる「経済を回す」という言葉は
新語流行語大賞にノミネートされなかったが、逆回転が始まるのか。

IMG_3604.JPG
会計はポイント利用で割引になって9,910円。
Go To Eatとパエリア半額がなかったら13,000円以上になっていた。
場所柄ということなのだと思う。
期間限定のお得なコースを利用するのがよさそうだ。

LOBOS 銀座スペイン料理 / 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。