2020年12月30日

INCOTEX / グレンチェック 1プリーツ スラックス

IMG_6706-2.JPG
今冬のBEAMSのPLATINUMステージのセールは17日(木)にスタート。
丸ビル店で19日に取り寄せをお願いし、23日に試着し購入。
そして今日、通算19本目となるINCOTEXのパンツを受け取った。

IMG_6709.JPG
今回購入はモノトーンのグレンチェック柄だ。
生地はウール62%、ポリエステル32% ナイロン4% ポリウレタン2%と、
INCOTEXのスラックスとしては特殊な混紡であり、やや硬めの起毛感を感じる。

IMG_6713.JPG
裏地もオーソドックスなものはコットンのシャツ生地が使われるが、
このパンツにはアセテート56% レーヨン44%の混紡生地が使われる。

IMG_6712.JPG
ワンプリーツが入り、スリムシルエットながら腰回りは若干ゆとりがある。
私はウールのスラックスはノープリーツのものの方が好きなのだが、
INCOTEXもPTも最近はプリーツ入りの方が多く売り場に並んでいる。

IMG_6717.JPG
裾直しの採寸の際、股下76pと言われ、
いつもは74pくらいだからちょっと不安だったが、
出来上がりはほんのちょっと長め・・・まあ許容範囲かな。
巷間は短めカットが主流だが、この年になるとちょっと抵抗がある。
但し、細身のテーパードだとあまり長いのはみっともなく見える。

IMG_6721.JPG
モデルは1T0N24。
N24は定番のN35型にワンプリーツを施した日本仕様モデル。
Tはもちろんテーラードラインの意味だ。
価格は定価40,000円+税の30%OFF。

IMG_6730.JPG
今回これを選んだのは、7年前に買ったグレンチェックのA30にシミがつき、
クリーニングでもとれなかったから。
この柄はもともと好きだし、
ビジカジ時には単色のグレースラックスより堅さが取れて便利だ。

IMG_6724.JPG
INCOTEXは年々ちょっとずつ進化する。
同じモデルでも数年前のものとは結構シルエットが変わる。
だから試着するだけで楽しいし、つい買い足してしまう。
また妻に「脚は二本しかないでしょ」と言われそうだ。

おまけ
IMG_6733.JPG
丸ビル地下1階のAKOMEYAで買ったmerippa(メリッパ)。

IMG_6737.JPG
ルームソックスとスリッパの中間のようなルームウェアだ。
4,600円+税だった。
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | ファッション 服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。