2021年01月16日

ジジーノ(東銀座)…続・パスタの注文が楽しくなった

IMG_8080.JPG
東銀座を目指して都営浅草線に乗ったら急行で止まらず日本橋まで行ってしまう。
浅草線に急行がある意味があるのだろうか、と憤りつつ駅員に事情を説明し、
追加料金なく改札を一旦出て反対側のホームに行って東銀座に戻る。
今日の晩飯は昨年9月以来の「ジジーノ」である。

IMG_7996-2.JPG
予約の17時に数分遅れて入店し、すぐに地下の「せせらぎ」へ。

IMG_8004.JPG
選んだワインは大好きTRE ICONE4,080円
アブルッツォ、プーリア、シチリアの三つの州で獲れた葡萄をブレンドし、
ばっちりと樽を利かせたCPの高いフルボディだ。

IMG_8006.JPG
入店した際の先客は5人だったが、その後19時頃には満席になった。
数日前に店長の髭のシェフと電話で話した際は客入りの不調を聞いていたが、
それほど深刻そうにも見えなかった。

IMG_7998.JPG

IMG_8001.JPG

IMG_8008.JPG
昨年までフロアを賄っていた女性店員が辞め、アルバイトの若い男性が加わった。
アルバイトなので配膳の際に料理名や素材名を告げられないのは仕方ない。

IMG_8012.JPG
お通しは白身魚の炭火焼。
魚は髭のシェフから聞いたのだけれど失念してしまった。

IMG_8019.JPG
料理一品目はシンプルサラダ780円が出る。
フリルレタス、サニーレタス、プチトマト、ブロッコリー、紅芯大根等が入る。
酸味のさっぱりとしたドレッシングがかかる、文字通りシンプルなサラダだ。

IMG_8028.JPG
二品目はソーセージ炭火焼きトリュフマッシュポテト添え780円だ。

IMG_8038.JPG
1本の太いソーセージをナイフで半分に割り、妻と分けて食べる。
粗挽きで密度がみっちりとつまったソーセージで、嚙むと肉汁がほとばしる。
トリュフマッシュポテトは自家製マスタードと和えるととても美味かった。

IMG_8043.JPG
続いては野菜炭火焼盛り合わせ2人前1,500円だ。
いつも通り、おまかせ6品が3品ずつ二皿に分けて出される。
一皿目は大根、長芋、ズッキーニ。

IMG_8056.JPG
二皿目はマコモダケ、肉巻き甘長唐辛子、レンコン。
鉄壁のラインナップだ。

IMG_8058.JPG
口直しの千切りキャベツが出たあと、

IMG_8062.JPG
メインは前回に続いてハンガリー産鴨胸肉(約200g)2,200円だ。

IMG_8068.JPG
肉の臭みはなくパサパサ感もない。
旨味が強く、ボリュームも見た目以上に食べ応えがある。
添えられたセルバチカの苦みがいい薬味になっている。

IMG_7992.JPG
さて、パスタである。
パスタメニューはなくなり、
ソースや具、味つけなどのファクターを告げて注文するスタイルになった。
お好みおまかせパスタと言ったらいいだろうか。

IMG_8070.JPG
注文はオイル×魚介×辛み1,580円

IMG_8077.JPG
魚介は海老、イカ、ホタテ、まぐろ、これにしめじ、インゲン、パプリカ、
イタリアンパセリなどが加わる。
正直言って好みのど真ん中の味だ。
まさにこんなパスタを食べたくて注文したのだ。
さすが髭のシェフ、と心の中で思ったが、妻は「ちょっと辛い」と言っていた。

IMG_7990.JPG
会計は二人で11,520円。
いつもながらとても心地よい時間を過ごせた。
パスタの注文が楽しくなったので、次は髭のシェフを困らせる注文をしてみたい。
いい店だからその良さを思い切り味わいたい。
銀座テルミニとともに力強く生き延びていってほしい。

ブラーチェ・エ・ヴィーノ・ジジーノバル・バール / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。