2021年01月19日

谷や(水天宮前)…衝撃の食感、このうどんに出会えてよかった

IMG_8176.JPG
香川県に行って本場の讃岐うどんを食べてみたいという思いは意外とない。
本場の味を味わえる店は東京にはない、という声があることは承知しているが、
いずれ本場で食べる機会があってもいいかも、くらいの願望しかない。
いまは東京で勝負をしている讃岐うどん店に心を奪われている。
今日は香川県出身の人物が水天宮前駅近くで営んでいる「谷や」に行く。

IMG_8130.JPG
開店時間の午前11時より数分早く着き、店頭のメニュー看板を眺めていると、
時間ちょうどに店主と思われる男性が出てきて開店し、店内に導き入れられる。

IMG_8146.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_8149.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター席に座り、卓上に置かれたメニューを見る。
まあ、もう見なくてもだいたい決まっているのだけれど。
ぶっかけ冷600円かしわ天150円いか天250円を注文する。
うどんは並1玉、中1.5玉、大2玉が同一料金と言われ、中を指定する。

IMG_8164.JPG
注文したあとで背後の壁に“本日の一品”というホワイトボードのメニューを見つけ、
カキフライを追加注文しようかと迷ったが、何となくやめておく。

IMG_8160.JPG
席の目の前に“製麺室”があり、中で男性が小麦粉の塊を足踏みして練っている。

IMG_8162.JPG
入口近くの調理台で主人らしき男性が生地を綿棒で伸ばし麺包丁でカットしている。
もう一人の男性がうどんを茹で、天ぷらを揚げている。
打ち立て、切り立てのうどんと揚げ立ての天ぷらを提供する店であることが分かる。
そしてうどん作りは手ごね、手切りの純手打ちであることも分かる。

IMG_8155.JPG
足踏みについては衛生面で批判の声があり、一時期香川県で禁止条例が出た。
そのため本場でもその工程を機械で行う店が現在は多いという。
私は足踏みがうどんの食感を最良にするために必須ならば仕方ないと思うが、
衛生面はともかく、最終的に食べ物になるものを地べたに置くことには抵抗がある。

IMG_8157.JPG

IMG_8168.JPG
注文から10分で出来上がってくる。
ぶっかけ出汁はうどんにかけられてはおらず、徳利型の陶器に入れられて出される。

IMG_8196.JPG

IMG_8198.JPG
そのぶっかけ出汁をうどんにかけ、まずはぶっかけ出汁だけをすすってみる。
甘み、辛み、酸味はほんの僅か、いりこ出汁の味がしっかりと主張する。
丸香のつけ出汁ほどのいりこ出汁の強さはないが、
それでも一般的な讃岐うどん店のぶっかけ出汁としてはその主張は強い部類だ。

コピー 〜 IMG_8191.JPG
うどんは太めでエッジ感はそこそこ。
但し食感は独特だ。
表面、外側は滑らかで当てた歯を吸い込むような独特の軟らかさを感じる。
しかし、中心部に向かってグラデーションのように徐々に歯への抵抗感が強くなる。
噛み切り際に歯が感じる不思議な弾力は他に類を見ないと言っていい。
それに、いい小麦粉を使っているんだろうなあ、と思わされる味わいがある。

IMG_8204.JPG
途中、おろし生姜を頼むと小皿で出される。
ぶっかけ出汁の味わいが変わり、堪らずぐいっと一気に飲み干す。

IMG_8183.JPG
天ぷらはコロモがサクッとカラッと揚がり、クォリティは高いと思った。
かしわ天が鶏むね肉だったのも嬉しかった。
但し、あまりにも量が乏しく、コストパフォーマンスが低いと思った。
かしわ天つけうどんという品は1,000円でかしわ天が3個に野菜天3種がつくので、
そちらを注文すべきだったと後悔した。

IMG_8205.JPG
天ぷらのコストパフォーマンスを除けば、満足度の高い店だと思った。
こんなうどんを食べたいとずっと願っていた、なんて退店後に思ったほどだ。
東京都内の讃岐うどんは丸香がダントツと思っていたが、
まだまだ引けを取らない良店があるのかもしれないと考え直させられた。
讃岐うどんへの興味はまだまだ尽きない。

谷やうどん / 水天宮前駅人形町駅浜町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ラベル:うどん 天ぷら
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。