2021年02月10日

東京とろろそば(五反田)…見た目ほど悪くはなかった

IMG_9774.JPG
今日も朝からバタバタで、仕事にひと区切りついたのが五反田で15時ちょっと前。
おにやんまで冷やかけでも、と思い行ってみるとメニューにかけは温のみしかなく、
何度も行っている店なのにそんなことも知らなかったのか、自分を責めつつスルー。
山手線ガードを越えて歩くと、岡むら屋があった場所に新店が出来ているのを発見。
物は試しと、その「東京とろろそば」に入ることにする。

IMG_9761.JPG
店名からとろろそばがメニューのメインなのだろうが、
一旦うどんを食べる気になっていたので、つい冷たいうどんに気が向いてしまう。
冷ぶっかけ月見うどん540円+税を注文する。

IMG_9765.JPG
全28席の店内に先客は2人だったが、私の滞在中に5人ほどが入店して来た。
かつや、岡むら屋と続いた場所だから、
恐らくこの店もアークランドサービスホールディングスの運営なのだろう。
飲食店業界ではうどんやそばは不況に強いと言われるそうで、
企業系飲食店でうどん店、そば店に業態変更する店が多くなるかもしれない。

IMG_9772.JPG
注文から9分で出来上がってくる。

IMG_9778.JPG
一目見ただけで、食べずに店を出ておにやんまに戻ろうかと思った。
ひたひたのぶっかけ出汁にうどんが雑然と入り、桜海老、青ネギ、揚げ玉、
そして真ん中に生卵がのる。
見た目に美味くなさそうだしボリュームも乏しい。
一日一食生活なのに貴重な一食を無駄にしてしまったなあ、と気持ちが滅入る。

IMG_9784.JPG
ぶっかけ出汁をすすってみる。
干しエビの味は出ておらず、かえしにみりんやザラメがガッチリ入った甘辛味だ。

IMG_9786.JPG
うどんを食べる。
エッジ感はほとんどなく軟らかめで中心部にはわずかな強度を感じる。
この店はうどんが何風なのか一切表示していないが、
讃岐うどん店でこんなうどんを出す店はある。
うどんそのものは見た目に想像したよりはまずまずだと思った。

IMG_9752.JPG
とろろそばか麦とろ飯を食べるべきだったと思いつつ、Suicaで会計して店を出た。
企業系飲食店の大量店舗数閉店のニュースは耳にするたびに憂鬱になる。
業態変更はばくちだと思うが、アイデアを凝らして力強く生き延びてほしいものだ。

東京とろろそばそば(蕎麦) / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


ラベル:うどん
posted by こここ at 17:00| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。