2021年02月18日

えびそば 一幻(西武新宿)…細麺の味噌ラーメンが気分だったので

IMG_0328.JPG
朝早くからの業務を終え、西武新宿線で新宿に出たのが午前11時すぎ。
小滝橋通りから西新宿界隈の路地に入る。
讃岐うどんの店もあるにはあるが、今日は細麺の味噌ラーメンを食べると決めている。
かねてより行ってみたかった「えびそば 一幻」に行く。

IMG_0322.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
入ってすぐ左手にある券売機の前に立つ。
細麺、みそは決めていて、あとはスープを三種類から選ぶ。
とんこつスープが入らない海老風味のストレートスープである「そのまま」と、
とんこつスープの入る度合いによって「ほどほど」、「あじわい」の三種だ。
濃厚そうと考え、細麺みそあじわい830円を選び、チャーシュー200円の食券も買う。

IMG_0323.JPG
午前11時半頃の入店でカウンターのみ全13席の店内に先客は5人。
5年ほど前に同じような時間に来て長い行列を見て断念したことを思い出し、
隔世の感を抱かざるを得ないのである。

IMG_0325.JPG
店内中に貼られた有名人のサインもそこはかとなく物悲しさを覚えさせる。

IMG_0333.JPG
食券を店員に渡してから4分少々で出来上がってくる。
中央に“えび風味の天かす”と万能ねぎがのり、味玉と黒い“えび粉”が加わる。
えび粉は出汁を取った後の甘エビの頭を焼いてから粉末にしたものだそうだ。
チャーシューは4枚入っているのでトッピング200円で3枚加わることになる。

IMG_0342.JPG
全体のボリュームは標準的だと思う。

IMG_0348.JPG
食べる。
細麺はストレートで軟らかくてもちっとした食感だ。
低加水のバツっと歯切れのいい麺を期待していたが、残念ながらそうではなかった。

IMG_0362.JPG
スープはポタージュ状とまではいかなくても濃厚でとろみのあるタイプで、
味は味噌やとんこつよりも、まさしくしつこいほどに海老味が主張してくる。
庶民的な回転寿司屋で出て来る味噌汁を思い出す。
もともと海老味は嫌いではないが、ここまでくるとちょっとクドさを感じてしまう。
このスープなら太麺の方が合ったかもしれない。

IMG_0360.JPG
チャーシューは豚バラロール極薄切りだ。
あくまで海老味が主役だから雑味にならぬよう敢えて薄くカットしているのだろう。

IMG_0366.JPG
来たかったのに来れなかった何年もの年月が期待値を大きくしてしまったのか。
まあよくあることだ。
店のことを知らずにたまたま通りがかって入ったら、美味いと感じたかもしれない。
念願店を一つ片づけられてよかった。

えびそば 一幻 新宿店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 新宿区 新宿、大久保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。