2021年02月26日

三久飯店(祐天寺)…フォトジェニックチャーハン情報を受けて

IMG_0955.JPG
「祐天寺って意外といい町中華の店が多いんですよ。」
当ブログを愛読してくれている後輩のO君から耳よりの情報がもたらされる。
フォトジェニックなチャーハンを探しているなら是非「三久飯店」に行ってほしいと。
オフィスを早めに出て電車を乗り継いで祐天寺に行く。

IMG_0934.JPG
駅から3分ほど歩いて店に着いたのが午前11時15分頃。
11時半開店との情報だったがすでに営業中の札がかかっている。
入店すると年配男性一人の先客がいて、店員と話しながらビールを飲んでいる。
店内はテーブル席のみ全19席で、真ん中の7人用テーブル席につく。

IMG_0942.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

IMG_0945.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
壁の上部に掲示されたメニューを見る。
O君からは五目チャーハンかえびチャーハンがいいと言われている。
五目チャーハン850円焼き餃子(六個)400円を注文する。

IMG_0946.JPG
店はご夫婦と思われる年配の男女とその息子と思われる男性の三人で営まれる。
店内は黒電話が置かれるなど年季を感じさせるが、きれいに掃除され清潔感がある。
主に応対してくれた男性店員は腰が低く、いい感じの昭和の日式町中華店だ。

IMG_0952.JPG
注文から9分で焼き餃子が、その1分後に五目チャーハンが出来上がってくる。

IMG_0972.JPG
チャーハンは頂上にのせられた6個の海老がフォトジェニックさを演出している。
えびチャーハンはこの海老の個数が倍になり更に派手な見映えになるようだ。

IMG_0967-3.JPG
ボリュームは標準的な町中華のチャーハンとしてはやや多めになるだろうか。

IMG_0979.JPG
食べる。
いわゆるしっとり系のチャーハンである。
米が固まる部分があるがつぶれたりはしておらず、味はなかなかいい。
旨味があり塩気もちょうどいい。

IMG_0959-2.JPG
具は海老、玉子、ねぎ以外にかに、ハム、チャーシュー片、グリーンピースが入る。
具が豊富なので食べていて楽しく、そして散漫でなく全体が上手く調和している。

IMG_0974.JPG
焼き餃子は標準的なサイズでニンニクは入る。

IMG_0988.JPG
ありきたりな味で、注文しなくてもよかったかな、とちょっと後悔した。
チャーハンに付くスープも薄くてぼやけた味だったので、
もしそれがラーメンのスープなのだとしたらラーメン系は口に合わなそうだと思った。

IMG_0925.JPG
かの「町中華で飲ろうぜ」でもつい最近採り上げられた祐天寺。
O君の言う通り、面白そうな店が何店かある。
祐天寺町中華に強く惹かれている

三久飯店中華料理 / 祐天寺駅学芸大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 目黒区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。