2008年03月23日

葵丸進(浅草)・・・特大かき揚げを求めて

葵丸進0002.jpg
天丼の街、浅草。
浅草で特大かき揚げといえば中清、三定とこの店が有名だがいずれも未体験。
天気のいい日曜のこの日、特大かき揚げ丼を求めて浅草遠征である。
つくばエクスプレスの浅草駅に着いたのが午前11時チョイ前くらい。
まずは各種ブログやグルメサイトなどで最も評判のいい中清に行ってみる。
入口に掲げられた案内によれば開店時間は11時半。
30分は待てないと、次候補の葵丸進へ。

葵丸進0001.jpg
店頭に入ろうかどうしようか躊躇している人並はあったが、
迷わず入店すると、すぐに2階席へ案内される。
団体でない客はまず2階へ案内されるようだ。
2回へ上がると一人なのに4人用席に案内される。
先客は年配の4人組。
なかなか注文が決まらないようで、店員がイライラしているのが分かる。

私は席につくや即、金龍かき揚げ丼2,500円を注文する。
店員が「お吸い物は別料金になりますが、つけますか?」
2,500円もとるのにお吸い物も付かないの!!
「いりません」と答える。

11時チョイ過ぎという時間ながら、続々と客が入店してきて、
瞬く間に2階席が満席になる。
客層はやはり年配の人が多く、若い夫婦と思われるカップルもチラホラ。

注文から10分ほどでかき揚げ丼が出来上がってくる。
確かにでかいかき揚げだ。
ただHPのメニューに出ているようなゴロっとしたかき揚げではなく、
繊細な、花が咲くような感じにコロモがついたかき揚げである。
具は海老とイカだ。

葵丸進0003.jpg
見た目くどそうだが、意外と一気に食べれてしまう。
もたれそうで、そうでもない。

本当は、今は亡き新橋の橋善のようなかき揚げを食べたかったのだ。
カッチリついたフリッターのように重たいコロモの分厚いかき揚げだ。
もう橋善のかき揚げは食べれないのだろうか。


「葵丸進」
台東区浅草1−4−4
03−3841−0110
営業時間:11:30〜21:00 日祝11:30〜20:00 無休


葵丸進
posted by こここ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック